大崎コミ割

大好評の大崎・コミ割、今年も実施いたします!

コミケ開催期間中、大崎周辺では「大崎コミ割」参加店による割引や特別企画のサービスを受けることができます。
コミケ参戦で疲れた戦士達の避難所として、大崎でほっと一息、下車してみませんか?

大崎駅はビッグサイトのある国際展示場駅から一本。
りんかい線からJRに乗り換える時は、鉄道会社が変わるため電車賃がかかってしまうので、
大崎を素通りしても、大崎で降りても電車料金は変わりません。

コミケ疲れを癒す2次会には、混雑している繁華街に出かけず、閑散としていて予約なしでもお店に入れる大崎で過ごしてはいかがでしょうか?
万が一、「コミケ割」のお店が超満員で入りきれなくなっても、外から見えないだけで周辺のオフィスビルにはきれいで過ごしやすい飲食店がたくさん入ってます。

comiwari_poster

大崎駅南改札前においてコミ割クーポンを配布しております。
使い方は★大崎コミ割の使い方ガイドをお読み下さい。

コミケで散財してしまったオタクの皆さんにも優しい、良心的価格!
コミケ帰りの二次会は、ぜひ大崎にて

↓↓↓↓2017年夏のコミ割参加店が決定!こちらをごらんください↓↓↓
coupon

 

涙なしには語れない(?)コミ割ヒストリー

年間集客数は100万人といわれるコミックマーケット。
しかし、ビッグサイトへの乗換駅である大崎はちょうどお盆や師走でゴーストタウンと化してしまいます。
そのため「大崎で降りても店が無い」と、ほとんどの人が素通り。

そんな現状を憂いたゆるキャラが、単身立ち上がり、近隣のお店に呼びかけて「コミケ割り引き」を実現させようと立ち上がりました!
2012年、夏の事です。
comiwari_history_01
ビジネス街なため、どうしても休日にはお店を閉めざるを得ない大崎。
そのため、おいしいお店がたくさんあるのに、コミケ期間中のお盆と暮れは閉店してしまうところが多い街でした。

「もしも、この試みでお客さんが少しでも増えれば、いっしょにコミケを盛り上げようと名乗りをあげてくれるお店が増えるかも知れない!」

大崎一番太郎は立ち上がりました。
しかし…コミケ割に参加のお店は「石志水産」「にくまる」「匠」の三店舗。

そして2012年冬も意気込むも・・・

2012年夏に貼られたポスター
2012年夏に貼られたポスター

参加店舗は…「めしや秀月」のみ!
大崎一番太郎の悩みは続きます。

しかし!!!!

そう!気づいてくれている人はいらっしゃる!
そして2013年夏に思いを馳せるのです(続く)

大崎はステマ歓迎★ぜひシェアしてね(懇願)